フコイダンの副作用

近年は、フコダインの健康効果が注目されてきており、フコイダンを意識して摂取する方も多くなっています。しかし、その一方で、副作用をについて心配している方も多くなっています。
さまざまな健康効果があると言われていて、がん治療にも使用されているということがあり、このがん治療で副作用をイメージしてしまうという方も少なくないようです。
通常のがん治療に用いられている抗がん剤は、嘔吐、吐き気、食欲不振、脱毛、倦怠感、末梢神経障害など辛い副作用を伴います。
さらに、放射線治療を受けたとしても、吐き気や嘔吐、全身倦怠感などといった副作用は避けられません。
テレビでドラマやドキュメント番組を見たことがある方は、患者が辛そうにしている場面が頭から離れず、がんの治療には必ず副作用が伴うと思っているのでしょう。

 

●フコイダンに副作用はあるのでしょうか

 

フコイダンは副作用のない成分です。
フコイダンを豊富に含むものには、もずく、わかめ、昆布などがありますが、これらの海藻類をたくさん食べてしまったとしても、現在のところ副作用が起きたという話は聞いたことがありません。
また、がん治療にも副作用を伴わず安全に治療できるとのことで、フコイダン療法が医療関係者から注目を集めており、医師の中でもフコイダン療法を評価している方もいるくらいです。
但し、体質などによって効果の出方が異なってくるため、それほど効果が実感できないという方もいるかもしれません。
しかし、ガン予防に高い効果が期待できると言われており、副作用がないとのことはかなり魅力的ではないでしょうか。

 

しかし、副作用ではありませんが、フコダインは水溶食物繊維であるため、摂取することでお腹が緩くなることはあるとのことです。
食物繊維はもともと便秘解消効果が高い成分であるので、水溶食物繊維を過剰摂取してしまうと、お腹が緩くなるとのことなので、過剰摂取には注意が必要です。